<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
保険の話
今回の役員ブログは浅見が担当します。

数日前の朝の出来事です。
いつものように愛犬の散歩に行ったところ、昨日までは元気に散歩していた愛犬が急に後ろ足がふらついて歩けない状態になっていました。

その日は、ちょうど仕事が休みの日だったので開院時間を待ってすぐ動物病院に診察に行きました。

ちなみに愛犬は10歳になったビーグルです。




いつもはヤンチャな性格ですが、この日ばかりは動くことも辛そうです。

診察の結果はヘルニアとのことですが、まだ初期の状態なので内服薬で様子を見ることになりました。

もし手術に成ると数十万円かかるとのこと…ペット保険に入っていれば、と後悔してしまいました。
ペットを飼われている方は、もしもの為にペット保険に加入することをお勧めします。

* 20:58 * - * - *
表情
今日の当番桜井です。


今回、何も言わず この写真と「にらめっこ」をして下さい。

アッ!プッ!プッ!















まだ笑ってない? よーし これはどうだ!


アッ!プッ!プッ!
















この顔を見ると何か語りかけてきます。


「おーぃっ!あんまり無理すんなよ。」

「おーぃっ!早く帰んな。体に悪いよ。」

「おーぃっ!明日、良い仕事ができないよ。」

「おーぃっ!家族が心配するよ。」

「おーぃっ!早く寝ろよ。」

「じゃぁ〜また明日!」






このブロブを見た人は・・・・・

今日は残業しないで帰りましょう。



この写真を毎日見ている「さくらい君」でした〜





* 20:19 * - * - *
7つの習慣より 「刃を研ぐ」
今日の当番桜井です。

7つの習慣より

「刃を研ぐ」


拙者〜「ハサミ侍じゃ〜」


商売道具が錆びたんじゃ〜。刃を研ぐんじゃ〜。




刃を研いだんじゃ〜。







拙者〜「さくらい君じゃ〜」


商売道具が錆びたんじゃ〜。刃を研ぐんじゃ〜。




刃を研いだんじゃ〜。





昔、昔 さくらい君が小学6年生のころ父親に鑿(のみ)の使い方、研ぎ方を教わり今でもその経験が活きています。

ハサミ、包丁、のみなど 切味が悪くなると研ぎます。

あの頃、研ぎ方を教わって良かったと・・・・父親に感謝いたします。






このブログを書きながら気付いた事は

「鑿の研ぎ方」を覚えたが「人間の研ぎ方」を サッパリ覚えなかった「さくらい君」でした〜。


















* 19:17 * - * - *
さきたま火祭り続き
今日の当番桜井です。

前回、さきたま火祭りの続きです。



日が暮れるとメインイベントとなります。






この火祭りは、天照大神の孫「ニニギノミコト」が大山津見神の娘「コノハナサクヤヒメ」と婚姻。

ニニギノミコトに一夜の交わりで身ごもったのを疑われたコノハナサクヤヒメが、

疑いを晴らすため「神の御子であるならば、たとえ火の中でも無事に生まれるでしょう」と自ら産屋に火を放ち、





その中で海幸彦(ウミサチヒコ)・山幸彦(ヤマサチヒコ)を無事に出産した。




その故事に倣い 観る人を古代のロマン、神話の世界に誘います。




このストーリーを知って「フランダースの犬」と同じくらい

涙を流した「さくらい君」でした〜。








* 18:23 * - * - *
さきたま火祭り
今日の当番桜井です。

先日さきたま火祭りに行ってきました。


古墳の上より






イベント広場には、ふらべぇ、こぜにちゃん






午後3時過ぎのステージでは

和製スティビーワンダーの木下航志さん 「♪ ィァ〜ザワ〜〜!」





ジプシージャズ ギターリスト 「♪ジャカジャン!」





さくまひできさん 「♪いばらキラキラ・・・茨城」





古代の人たちも 「ラジオ体操第一〜!」






のぼう様も 「カッ! カッ! カッ!この紋所〜」





さすが32回目の火祭りだけあります。

のぼう様より、古代人より、もっと古い

はじめ人間ギャートルズ を思い出した「さくらい君」でした〜。




* 16:59 * - * - *
拙者も枝を切る!
今日は森田が担当します

大型連休も天気に恵まれて皆さん
それぞれリフレッシュ出来たことでしょう

私は通常のお休みでしたが
天気が最高でしたので以前から気になっていた
庭木の剪定をすることにしました

はさみ侍の「さくらい君」!
ではございません


『紅カナメ(レッドロビン)』の生垣



折角、新芽が育ち赤くなったところで
かわいそうな気もしましたが・・・



出っ張ると近所に迷惑なので
はさみを入れました




こちらは『梅の木』です




こちらもこんな感じで枝を落としました




私の場合のはさみは
刈り込みバサミを使っています


それではまた
今日の担当は森田でした
くれぐれもお間違えのないように…








古郡ホームについて詳しくお知りになりたい方はこちらへ

20120517153341e3e.jpg






埼玉県深谷市、熊谷市、本庄市の総合住宅コンサルタント 古郡ホーム
埼玉 注文住宅を建てるなら古郡ホームの注文住宅
リフォーム 埼玉するなら古郡ホームのリフォーム
深谷 不動産を探すなら 古郡ホーム 不動産
埼玉 土地活用なら 古郡ホーム 土地活用
* 11:07 * - * - *
ハーブの女王ラベンダー
本日の当番桜井です。

昨年久喜市菖蒲のイベントで買って来たラベンダーが花を付けました。



このラベンダーはストエカス系で特徴は花形がウサギの耳のような葉が付いています。




ラベンダー自体に負担を掛けないために早目の剪定を行います。 花が咲いている時期の方が良いとされています。

思い切ってバッサリと。「my剪定ハサミ」でバッサリと。





バッサリ。バッサリ。





ハサミ侍の「さくらい君」でした〜。



* 07:57 * - * - *
熊谷 ヘブンズロック
桜井の当番です。



先日、熊谷市にあるHEAVEN'S ROCK(ヘブンズロック)に行ってきました。




目的は
「さくまひでき」ライブ





さくまひできさんは・・・・

埼玉県鴻巣市出身 埼玉工業大学深谷高校に行っていたがシンガーソングライターを目指し中退

今は、シンガーソングライター、ナック5のパーソナリティ、




ライブに来ていた人は40〜50人くらいで30〜60歳くらいでしょうか
この年代には何か響くものがあります。



曲はいろいろです。

例えば

「人生たまたま・・さいたまで」



「いばらキラキラ・・・茨城」 など ゆうかりしずるさんとのデュエットソング

もっとジィ〜ンとくる曲も



いつも響かないけど、何か響いた「さくらい君」でした〜。









* 10:05 * - * - *
秩父の芝桜
今日は桜井の当番です。

先日芝桜を見てきました。


まだまだこれからですが場所によっては満開となっていました。





そして秩父のシンボル「武甲山」




もっと大きく



山体のの北側は、セメントの原料になる石灰岩でできているために、1916年から現在まで採掘されつづけ

むきだしになっています。

石灰岩でできているのは北半分で、南半分は緑色岩が多く分布しているため斜面の段々風景は北側から。




そのうち武甲山に登り秩父盆地を望んでみようと思っています。

芝桜より武甲山に興味を持った「しばさくらい君」でした〜








* 14:14 * - * - *
衣替え
こんにちは。。。森田です

昨日は、お休みでしたので
以前からやろうと思っていて
中々出来なかった車のタイヤの
衣替えをしました

このところ近所のタイヤ屋さんに
お願いして交換していたのですが
以前に会社の若手で現場監督のO君が
自分でやっている話しを思い出し
昔に戻って自分でやることにしました



冬タイヤから夏タイヤへ




冬の安全をありがとう!とタイヤを取り外し





夏タイヤへ無事交換





お店に依頼してやってもらうのも良いのですが
自分でやったことで安全への新たな気持ちと
無事故で過ごせた感謝の気持ちが持てました



住宅でも衣替えはあります
今は大分少なくなってしまいましたが
『しきり』の衣替えです

簾(すだれ)戸と書いて簾戸(すど)と言います




夏になると襖や障子をはずして簾戸に替え
軒先には簾を下げ、畳に籐で編んだ敷物を
敷く。風を通しながらも日差しを弱め
視線を遮る簾戸越しの座敷は季節感溢れる
日本の夏のしつらいです。



最近はめっきり和室が減ってしまいましたが
こんな趣のある日本の住宅も私は大好きです

なんか『和風総本家』的ですが・・・





古郡ホームについて詳しくお知りになりたい方はこちらへ

20120517153341e3e.jpg






埼玉県深谷市、熊谷市、本庄市の総合住宅コンサルタント 古郡ホーム
埼玉 注文住宅を建てるなら古郡ホームの注文住宅
リフォーム 埼玉するなら古郡ホームのリフォーム
深谷 不動産を探すなら 古郡ホーム 不動産
埼玉 土地活用なら 古郡ホーム 土地活用
私は大好きです
* 12:36 * - * - *
| 1/19PAGES | >>