<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 森づくり活動のNPO | main | 少し遠い現場 >>
椿の花
椿の木は我が家には三本有ります。

冬の間の花の咲かない時期に唯一の花として目を楽しませてくれます。 それぞれ敷地内に離れて別の場所に植えられています。
そのためか、品種が違うためか、は定かでありませんが、それぞれ花の咲く時期が違っています。

一番先に咲いていた木は今では全く花の名残すらありません。



中間な咲き具合だった木は全部散ってしまいましたが、枯れた花弁が残っています。



そして最後まで咲いているのがこの木です。


今が盛りと咲き誇っています。

花弁も幾重にも花びらが重なっていて、近くで見ても綺麗です。


そして未だ多くの蕾を持っているので、暫くは咲き続きそうです。


冬から春にかけて、派手さはなく目立たないながらも目を楽しませてくれます。
これからは春の花達が目を楽しませてくれる時期になって来ます。

日本人は樹木に季節を感じて生きていると、日経の「私の履歴書」に連載中の美術収集家「ジョープライス」は言っています。
花を家庭でも楽しむ習慣があるのは日本人特有の感性のようです。
その感受性を生かして人生を楽しんでいきたいと思います。
* 12:05 * - * - *
スポンサーサイト
* 12:05 * - * - *