<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 家族の一員 | main | チューリップの特性 >>
現地調査
今回の役員ブログは浅見が担当します。
一昨日の日曜日は、設計担当者と新しい現場の敷地調査に、行って来ました。
敷地調査とは、
境界杭の確認、地盤高さの測量、水道と排水の方法、電気の受電方法、隣地の状況、高圧線などの上空の状況、現場へのアクセス道路の状況など多種多様です。
最近はグーグルマップなどでも確認できます。でも、手間は掛かりますが、現地を見るのが一番正確です。

この日は、3現場を調査して来ました。
最初に行ったのは、毛呂山町です。
県道から山に向かって車で5分くらい進むと現場に着きました。自然豊かな場所で、敷地の中に桜の木があり、ゴルフ場のコースもよく見える場所で、少し不便かもしれませんが、自然を満喫できる大変良い土地でした。


完成すると、リビングからの眺めはこんな感じです。


2現場目は、深谷市内の旧花園町です。こちらも自然豊かな場所で大変良い土地でした。開発工事も終わり、着工を待っている状況でした。



3現場目です。こちらも深谷市内ですが、旧川本町になります。こちらも開発工事が終わって着工待ちの状況です。
前方に写っているのが、関越自動車道です。


1日で3現場を調査すると時間は掛かりますが、現場を確認する事で沢山の情報を得ることができます。
これからも、早い段階で確認して、工事がスムースに進められるように協力していきます。

* 12:00 * - * - *