<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 7つの習慣より 「刃を研ぐ」 | main | 芝生への水やり >>
2022年問題
こんにちは。。。森田です

最近ファーミングと言って
空地・空家調査をしていると
よく見かけるのが・・・
この標識です



皆さん見たことはありますか?


〈生産緑地とは〉
市街化区域内で、面積500岼幣紊
良好に耕作され指定を受けた農地で
税制優遇を受けられるメリットがあります
一方、宅地造成や建物等の建築には
許可が必要になるなど建設上の規制が
厳しくなります





1992年4月に施工された生産緑地法が
30年経過すると指定を受けている
農家は解除されるのです

2022年がそれにあたります
都心部では2代目、3代目が農家を
継ぐのが減ってきている為
そうなると土地の売却か有効活用か
迫られるケースが増えるといわれています

それが生産緑地の2022年問題です

お心当たりの方は
是非、お早めにご相談ください






古郡ホームについて詳しくお知りになりたい方はこちらへ

20120517153341e3e.jpg






埼玉県深谷市、熊谷市、本庄市の総合住宅コンサルタント 古郡ホーム
埼玉 注文住宅を建てるなら古郡ホームの注文住宅
リフォーム 埼玉するなら古郡ホームのリフォーム
深谷 不動産を探すなら 古郡ホーム 不動産
埼玉 土地活用なら 古郡ホーム 土地活用
* 10:53 * - * - *